ピルと不妊治療|元気な赤ちゃんの為にできること!アクティブライフで栄養摂取

ピルと不妊治療

医薬品

不妊治療とピル

不妊治療の1つとして、ピルを用いるという方法があります。ピルといえば避妊をする時に使われる薬として有名でしょう。しかし、ピルは避妊だけでなく不妊治療やその原因となる病気の予防、生理周期のコントロールにも用いられるものなのです。最近では通販でも購入することができるようになっています。

不妊の原因である子宮内膜症

不妊になる1つの原因に子宮内膜症という病気があります。この子宮内膜症は月経のときに出来た内膜が逆流し、子宮以外の部分で増殖することで発症するという説があるのです。それを防ぐための手段として低用量のピルが注目されています。低用量のピルを服用することで内膜の量が少なくなるのです。

ピルの入手方法はこの2つ!

医療機関で入手

不妊治療や避妊、ニキビの改善や生理不順など目的に応じて医療機関でピルを処方してもらうことができます。医師の指示の元で服用するので安心して服用することができるでしょう。定期検査で副作用に関する心配がないかも確認することができます。

通販で購入する

ピルはインターネットを通じて自分の責任で購入することも可能です。まとめて購入することで1シートの値段がとても安くなるというメリットがあるでしょう。匿名で購入することもできるようです。通院するのが難しいという場合にはとても便利だといえます。

不妊治療で使われるピルの特徴

生理周期を安定させる効果がある

ピルを飲むと生理周期をコントロールしやすくなるという特徴があります。生理周期がしっかりコントロール出来るようになると排卵の日もわかりやすくなるでしょう。体外受精を行う場合、排卵日の日程を調節するためにピルを処方することもあります。

病気の予防だけでなく改善も期待できる

ピルを服用することで、子宮内膜症の予防ができるだけでなく、排卵が原因で悪化する他の病気の進行を抑制することができるでしょう。進行が抑制されることで病気を萎縮させることも期待できるのです。

受精卵の着床を助けて流産を防ぐ

流産しやすい人は体内の黄体ホルモンが低いことがわかっています。黄体ホルモンが低くなると排卵後の高温期と呼ばれる期間が短くなるのです。この高温期が短いと子宮内膜が剥がれやすくなるので、受精卵が着床しても流れてしまう可能性が高くなるのです。ピルで黄体ホルモンを補うことで流れるリスクを低くすることができるでしょう。

卵巣を休ませて元気にする

いろいろな不妊治療を行うことで卵巣が疲れてしまうことがあります。その原因はホルモンを活性化させて無理に排卵を促しているためです。そうやって疲れた卵巣からの排卵を、ピルを服用することで抑制し休ませることができるのです。

高齢での妊娠も期待できるようになる

若い頃からピルを服用することで、卵巣を休ませつつホルモンバランスを整えることができます。無駄な排卵で卵巣を傷つけずにすむので、それが妊娠しやすい状態となり30代後半でも妊娠の確率が高まると期待されています。