体外受精について|元気な赤ちゃんの為にできること!アクティブライフで栄養摂取

体外受精について

女医

不妊治療の種類はたくさんある

大阪や大きな街の病院では、いろいろな方法で不妊治療を行っています。自然に妊娠ができるように促すタイミング法や栄養療法、不妊の原因を取り除く手術療法や薬物療法、人工授精や体外受精などがあるのです。その中でも、最終的な手段としてよく用いられるのが体外受精や顕微鏡受精という治療方法です。

体外受精の特徴

体外受精や顕微鏡受精は、自然に卵子と精子が受精できないという場合に用いられる方法です。体外で受精卵を作って体内に移植するため、自然な方法と比べると身体的な負担が大きくなるでしょう。しかし、妊娠する確率はタイミング法や人工授精に比べてとても高くなるのです。

人工授精と不妊治療の違い

人工授精

人工授精は、精子が卵子にたどり着きやすいよう人工的に子宮内へ注入するという方法です。卵子にたどり着く精子が増えることで妊娠の確率を上げることができるのです。一回の費用が5万円以内で収まることが多く、安い費用で行うことができる不妊治療です。

体外受精

体外受精は卵子と精子を体外で受精させるというもので、受精させるまでの工程に問題がある場合に向いている方法です。費用は10万から30万円ほどです。体外で受精するので、卵子や精子が正常であれば人工授精よりも約4倍も妊娠の確率が高くなります。

妊娠率と年齢の関係

どの不妊治療を行うにしても、年齢が高くなるとその分妊娠の可能性は低くなってしまいます。ちゃんと赤ちゃんが生きて生まれる生産率は、32歳を堺に年1%も低くなるのです。そして年齢を重ねるたびに流産をする確率が高くなっていきます。妊娠を意識したら早めに不妊治療を始めましょう。